海外FX業者を比較

リスクを伴う金融商品に規制を掛ける事でリスク軽減を目的にレバレッジ規制を導入していますが、ハイレバ思考の人から見たら規制により証拠金を多く上積みしなければならないのでレバレッジ規制のない海外FX業者での口座を開設しているトレーダーが多くなっています。

スプレッドから海外FX業者を比較

ironfx IronFX
IronFXなら、米ドル円が0.4pips~という低スプレッドで提供しています。FXをだけでなく、CFDなど全銘柄で140種類以上の商品を手軽に取引することができます。MT4をはじめ全10種類の取引ツールや、初回限定のボーナス、取引量に応じたキャッシュバックリベートなど、トレーダーにとって嬉しいサービスが満載!
pepperstone Pepperstone
Pepperstoneは、ユーロドルを0.1pips(EUR/USD)という低スプレッドに設定しています。最大400倍のレバレッジという日本国内にはないFXの条件で、日本人トレーダーからも大きな話題になっています。また、海外FX会社では非常に珍しい「国内銀行送金」ができるので、最短当日反映の入金が可能になりました。
fxpro FXpro
個人のFXトレーダーを顧客として抱え、全世界150ヶ国でオンラインサービスを展開しています。 スプレッドも狭めに設定され、約定能力の高さにもFXトレーダーから大きな信頼を得ており、システムトレーダーからも好評価なFXブローカーです。

海外FX業者の口座を開設するには?

FXを利用者する人が増えてきて為替市場も活性化していますが、海外FX取引には証拠金も元に大きな金額を動かす事が出来る反面リスクが伴います。日本に関してはリスク軽減の為に国内FX業者の扱う通貨ペアのレバレッジを何度かに分けて下げており、現在は個人口座で25倍となっています。

バイナリーオプション取引と同様に、海外FX業者は個人でもレバレッジ300倍とか500倍など日本業者で取引するよりもハイレバ志向には嬉しい設定になっています。ただし、ハイレバをする事はそれに伴うリスクが高まる事も忘れなくてはなりません。

海外FX業者で口座を開く場合はインターネットで海外業者の比較サイトがありますからキャンペーン特典や利用コンテンツを比較して選び、そこの業者のサイトから口座開設画面に入ります。個人情報等を入力して送信ボタンを押せば登録完了となります。

後で個人情報に係わる免許証等の写しを送付する必要がありますが、証明写真を撮ってそれを送信すればいいだけの業者もあるので手間は係りません。はっきり言って国内FX業者で口座解説するのと同じようなものなので難しく考える必要はありません。

これによりレバレッジ規制も関係なく取引が出来るのでハイレバ取引を希望される場合にはすぐに取引が出来るので申し込んでみてください。